Yu's Tea Room

マイペースに日常の出来事を語るブログです。

コンビニ人間読みました【感想】

最近、芥川賞直木賞が発表されたそうですね。

実は最近、私も芥川賞作品コンビニ人間読みました。(文庫版出てたので)

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

感想

内容に関しては普通かな。内容でいえば、「ちょっと今から仕事やめてくる」(これも少し前に読んだ)のほうが面白い。

でも、この本が芥川賞受賞した理由はやっぱそれなりにあると思う。

個人的に凄いと思ったのは、比喩表現が素晴らしいこと。つまり表現力・文章力かな。

属していたグループ(コミュニティ)から排除される例えを上手く表していると思う。

あとキャラクターが強烈で、印象に残りやすい。まぁ、強烈なキャラクターといっても二人しかいないし、元々登場人物もあまりいないわけだが。

その二人ってのは(読んだ人ならだいたい検討つくだろう)、主人公「恵子」と魔性のくず「白羽」だ。

主人公に関しては常識を逸している。読者のブログを漁っていたが、とあるブロガーが「現実世界ならば、主人公は何かしらの発達障害を持っていると思われる」といっており納得してししまった。

そして白羽。読んでて腹が立つほどのくず。くずの具現化かも。読んだらわかる笑

すぐ読めるほどのボリュームなので、気になった方は読んでみて。因みに親父は一日で読んだらしい。

帰国時の出来事&日本人について

f:id:rissho-blog:20180902225928j:plain

こんにちは。今電車に乗って、自宅に帰ってます。

長旅でしたが、幸い、無事に帰国できました。

長時間のフライト中、名古屋の某大学で教鞭をとっている方と、少し話をしました。

その方は、学会でパリに出張とのこと。出身は東京大学で色々面白い話を聞かせて貰いました。

東京大学の学生でも、講義中、裏でゲームやっている方がいるそうな。また、学生間でもヒエラルキーが存在し、今回話した方も、大学時代、ずっと劣等感を持ってたらしいです。

そして、一番興味深かったのが職業の話です。

「教授になれたら勝ち組」(実際に言ってた台詞です)

大学の教員のポストに就くこと自体が、相当難しいらしいです。つまり、助教レベルになるにも倍率が相当だとか...

大学の非常勤講師はいわば、「塾講師」みたいなもので、言ってしまえばパートタイムジョブです。

そして、50代になって非常勤講師をやり続けている方々がおり、それが今問題になっているらしいです。

なんで、研究者の道を選んだんですか?と聞いたら、

「何ででしょうね...」

と。厳しい世界ですね。


さて、帰国してみての感想。

僕は日本人が嫌いになりかけました。

預け荷物で大声で不平を漏らしまくり、

「明日クレームの電話かけるわ!」
「いらいらするから喋らないで」

と平然と言うおっさん。

帰国してそうそう嫌な気分になりました。

電車の切符を買おうと思い、リュックから財布を取り出そうとすると、

「何やってんの」

とせかす眼鏡。

日本人は怒りの沸点が低い。負のエネルギーが充満している。

日本のサービスは世界最高峰だし、文化も素晴らしい。ただ、日本人の(一部の)人間性は嫌いです。

おまけに、日本社会も問題あり。過労死とかね。異常ですよね、あれ。

まぁ、良い人のほうが多いし、そういう人達とつるまないのが一番かな。こっちまで飛び火する。

さて、明日は大学に留学のレポート届けて、帰省しますかね。

Bye.

University of Cambridge 留学20日

ついに明日帰国かぁ....寂しいな。

 

さて、今日は認定証授与とフォーマルディナーがありました。

 

暇な間は、荷造りと爆睡してました。名残り惜しいなぁ。

 

まず、成績について。

 

成績は、グループプレゼンはオールAでした!個人プレゼンは、文法がB、発音がA、その他がAとBの中間です。自分が言うのも何ですが、結構甘い採点ですね(笑)

 

そして...えーと、フォーマルディナーについてですね。

 

写真は撮りませんでしたが(フォーマルな食事なのに写真撮るのはバッドマナーかなと思いまして)、非常に美味しい食事でした!

 

ステーキがメインディッシュで出たのですが、滅茶苦茶美味しい!高級レストランで出てきてもおかしくないレベルです。味付けも良かったです。

 

んで、一番楽しかったのが、そのあとのバーでのエンジョイ?w

 

いつもは人が少ないバーにたくさんの人が!アカデミックガウンを着ている人もちらほら。どうやらUniversity of Cambridgeの学生さんかな?と思いつつ、勇気を出して、幾人の方と話をしました。多分6人~8人くらいかな。

 

んで、主に聞いたことは、

  • 出身はどこか
  • 何を学んでいるか
  • 日本に行ったことはあるか
  • 英語上達法
  • 将来のこと

聞いたところ、国籍はバラバラでした。イタリア、ベトナムポーランドetc...

 

僕の拙い英語でも熱心に聞いてくれて、本当に感謝しかないです。学んでいることは、エンジニアリング、物理学等、これまた多種多様。

 

ダーウィンカレッジからこっちにきた」と言っている方もいたので、多分その要因もあるんでしょうね。

 

将来は、皆さん博士号を取得するようで。教授になるつもりー、とかもう日本の企業へとお仕事で赴いているー、とか言ってました。他にも色々言っていましたが、何言っているか分からなかったです。すいません...

 

んで、個人的に興味深かったのが、英語上達法です。

 

もちろん、ネイティヴの方と話すことを推奨していましたが、その他にも、

  • 「ラジオを聞く」
  • BBCチャンネルを視聴」
  • 「洋画を日本語字幕なしで見る」

などのアドバイスを頂きました。帰国したら、是非とも実践します!!!有難う!!

 

最後に話したベトナム国籍の方は凄い気さくで、「フェイスブック交換しよ!」と言われたので、交換しました。そして、「今度俺が日本に来るとき、連絡するから」と言われました。

 

個人的な意見ですが、なんか白人の方は結構内気といいますか...話しかけてもちょっと冷たいといったら語弊がありますが、大人しい感じでした。一方、中東やそのベトナムの方は凄いフレンドリー且つノリ良く話してました。

 

あと、フォーマルディナーの最中、今回のプログラムの主催者である日本人の方と話したんですが、メキシコやロシア、ヨーロッパの大学にも募集をかけたようですが、メキシコは政治情勢が不安定でVISAが取得できない。ロシアは記憶に新しいイギリス暗殺未遂事件もあって行けなかったらしいです...

 

因みにヨーロッパの学生は「長期休暇中は遊びたい!」という気持ちが強く、こういう短期集中プログラムには来ないらしいです。そう考えると、日本人は真面目なんやなって。(お話ししたその方も言ってました)

 

さて、明日早いからな。今日はこの辺にします。

 

といっても、多分留学記事はこれが最後になるかもしれないです。

 

気が向いたら、留学の感想とか書きます。

 

では今日はこの辺で。Bye.

University of Cambridge 留学18&19日目

こんにちは。

 

昨日は更新できなくてすみませんでした。

 

今日ファイナルプレゼンテーションがあったのですが、昨日はその前日準備で、ブログのこと考える暇がなかったです。

 

そして、今日、無事にプレゼンが終了しました。

 

プレゼンは個人プレゼンとグループプレゼンの2種類あって、もう大変で大変で(^^;)

ちゅーても、グループプレゼンのほうはたった1分~2分程度話すだけなんで、キャプション作成するのは簡単だったんですが...

 

昨日リーダーから色々そのキャプションについて、突き返されましてね。もう寮に戻ったのも10時ないし11時くらいですよ。

 

まず、プレゼンの題目が難しいw

 

"A government's top priority should be to ensure that the country has a strong economy. Without a strong economy, supported by industry and entrepreneurship, the government cannot address other social issurs."

 

僕のグループでは、GDPや産業、起業家精神について語り、そのうえで産業は2番手、経済が最も重要であるという結論に至りました。(論点がずれているかどうかは分からない)

 

んで、自分はその産業のパートについて、昨日最終確認をとっていたのですが、急遽一部分を削ることになりましてね。実は一部のメンバーからツッコミ入れられて、消すことになりました。なんか少し悲しかったです...

 

と、思いきや!!

 

今日の発表後、質疑応答タイムでTAから質問があり、昨日削った箇所が応答に活用できました!本当に良かった~

 

個人プレゼンは、グループプレゼンに時間を取られたため、パフォーマンスが良くなかったです。いろんな方のプレゼンが見れて、勉強になりました。

 

自分の発表が終わり、席に戻ったら、隣にいた先生がなんか言ってくれた。

 

何言っているかは、「relax」という単語は聞き取れたので、

 

「お疲れ様、あとはゆっくりね!」か「さっきの発表もうちょっと気を楽にして?」と言ってたんだと思う。多分、前者かな。

 

何言っているか分からなかったので、笑顔を返すだけに終わったが...本当に申し訳ない。コミュ障+英語能力の欠如が相まってここまで、悲惨になるとは...

 

その先生滅茶苦茶キュートでUniversity of Oxford卒の超超超秀才だから、もっとコミュニケーションとりたいんだけど...辛い。

 

明日まともに話せるの最後なので、頑張って声掛けます。応援よろしくお願いいたします。

 

さて、明日はフォーマルディナーで、明後日は帰国や。なんつーか、あっという間だったったような、長かったような...

 

今日はこの辺で。Bye.

University of Cambridge 留学17日目

もう17日目か...

 

日本食が恋しくなる今日この頃です。

 

因みに昨日は結局スーパーマーケットで、カルボナーラを購入。あんま美味しくなかった……

 

さて、今週から本格的にファイナルプレゼンテーションに向けての準備が始まりましたが、今夜も特別講義後にグループで話し合いがありました。

 

これぞThe academic life!!

 

ていうか日本の大学とオクスフォード・ケンブリッジの決定的な違いに気づいてしまった。

 

それは学生寮の存在です。他の大学は知りませんが、University of Cambridgeは必ず各カレッジに所属し、学生寮に滞在します。

 

学生寮に滞在するってことは、学生同士の関係も密になりますよね。

 

そして、カレッジ内にはバー等が存在し、気軽にミーティングや遊べる場がある。これって大きいですよね。

 

学びの環境は非常にいいです、本当に。

 

唯一の欠点をあげるとすれば、不便。例を挙げると、近くにコンビニがないとか。立地条件及び周辺環境は東京の大学等に比べると劣るかな。(地方は知らん)

 

今日はちゃんと3食食えたし、満足。

 

午後の"English Language Module"も楽しかったしね。外でクラスメートや先生と一緒にフリスビーをしました!いやぁああああ、やっぱフリスビーをする先生も可愛いな~

 

将来は美人の西欧人と結婚したい。(結婚できるかすら怪しいが汗)

 

まぁ今日はこの辺で。Bye.

 

University of Cambridge 留学16日目

過ちを犯してしまった......

 

こんにちは。

 

実は朝食と夕食食えなかったぁあああ!!!!

 

またやっちまったよ...本当に勿体ねぇ...

 

原因は寝たことです。

 

朝は寝すぎで、食べれず。目覚めたのは8時55分くらい。朝食が食べれるのは9時まで。はぁああああ。

 

夜は授業後、寮に戻り睡眠。起きたら20時。夕食が食べれるのは19時まで。はぁーーーー

 

おまけに特別講義も聴講できなかったし。今日のみずがめ座の12位だったが、あながち間違いではなかったな。

 

さて、飯はどうするか。家からフリーズドライの味噌汁は持ってきたが、致命的な欠点として「器」がない。飲む器がない。

 

飯を買いに行くにしても、遠い。

 

この時間では空いてるかどうかも分からない。

 

食いに行くしかないのか?だるい。

 

ま、全て僕が悪いんだけどね!!

 

では今日はこの辺で。Bye.

University of Cambridge 留学15日目

はい、先ほど(PM11時頃)帰宅してきました。

 

長旅だった...バース行ってきました。

 

世界遺産だったので、気になっていたのですが...

 

やはり世界遺産にふさわしい場所でした。

 

なんといっても、歴史ですね。かつてバースの地で、ローマ人たちが浴場を使用していたらしいです。

 

というと...もう2000年近くは歴史がありますね。ほえ~

 

次に街づくり。どのお店も街の雰囲気に合わせており、見事に調和してました。例えば、マックやスタバ。外壁の色なんかを他と同じにしておりました。

 

んで、バースの主要名所である、「ローマ浴場博物館」「バース寺院」「パルトニー橋」「ロイヤル・クレッセント」を巡りました。

 

いや~、やっぱ一番良かったのは「ローマ浴場博物館」かな。無料で日本語オーディオの解説も利用できるし、何より、「ここにローマの人々が温泉に入っていたんだ...」と思うと感慨深くて。

 

西暦65年に建設されたらしいですよ。まぁ、当時のローマ人たちの技術力にも驚嘆だな...

 

道のりは長かったですよ。こんな時間に帰ってくるってだけで察してください。

 

さて、明日から5日間連続で授業か。ラストスパートだな。

 

色々思うところはありますが、頑張りたいと思います。

 

Bye.