Yu's Tea Room

マイペースに日常の出来事を語るブログです。

University of Cambridge 留学20日

ついに明日帰国かぁ....寂しいな。

 

さて、今日は認定証授与とフォーマルディナーがありました。

 

暇な間は、荷造りと爆睡してました。名残り惜しいなぁ。

 

まず、成績について。

 

成績は、グループプレゼンはオールAでした!個人プレゼンは、文法がB、発音がA、その他がAとBの中間です。自分が言うのも何ですが、結構甘い採点ですね(笑)

 

そして...えーと、フォーマルディナーについてですね。

 

写真は撮りませんでしたが(フォーマルな食事なのに写真撮るのはバッドマナーかなと思いまして)、非常に美味しい食事でした!

 

ステーキがメインディッシュで出たのですが、滅茶苦茶美味しい!高級レストランで出てきてもおかしくないレベルです。味付けも良かったです。

 

んで、一番楽しかったのが、そのあとのバーでのエンジョイ?w

 

いつもは人が少ないバーにたくさんの人が!アカデミックガウンを着ている人もちらほら。どうやらUniversity of Cambridgeの学生さんかな?と思いつつ、勇気を出して、幾人の方と話をしました。多分6人~8人くらいかな。

 

んで、主に聞いたことは、

  • 出身はどこか
  • 何を学んでいるか
  • 日本に行ったことはあるか
  • 英語上達法
  • 将来のこと

聞いたところ、国籍はバラバラでした。イタリア、ベトナムポーランドetc...

 

僕の拙い英語でも熱心に聞いてくれて、本当に感謝しかないです。学んでいることは、エンジニアリング、物理学等、これまた多種多様。

 

ダーウィンカレッジからこっちにきた」と言っている方もいたので、多分その要因もあるんでしょうね。

 

将来は、皆さん博士号を取得するようで。教授になるつもりー、とかもう日本の企業へとお仕事で赴いているー、とか言ってました。他にも色々言っていましたが、何言っているか分からなかったです。すいません...

 

んで、個人的に興味深かったのが、英語上達法です。

 

もちろん、ネイティヴの方と話すことを推奨していましたが、その他にも、

  • 「ラジオを聞く」
  • BBCチャンネルを視聴」
  • 「洋画を日本語字幕なしで見る」

などのアドバイスを頂きました。帰国したら、是非とも実践します!!!有難う!!

 

最後に話したベトナム国籍の方は凄い気さくで、「フェイスブック交換しよ!」と言われたので、交換しました。そして、「今度俺が日本に来るとき、連絡するから」と言われました。

 

個人的な意見ですが、なんか白人の方は結構内気といいますか...話しかけてもちょっと冷たいといったら語弊がありますが、大人しい感じでした。一方、中東やそのベトナムの方は凄いフレンドリー且つノリ良く話してました。

 

あと、フォーマルディナーの最中、今回のプログラムの主催者である日本人の方と話したんですが、メキシコやロシア、ヨーロッパの大学にも募集をかけたようですが、メキシコは政治情勢が不安定でVISAが取得できない。ロシアは記憶に新しいイギリス暗殺未遂事件もあって行けなかったらしいです...

 

因みにヨーロッパの学生は「長期休暇中は遊びたい!」という気持ちが強く、こういう短期集中プログラムには来ないらしいです。そう考えると、日本人は真面目なんやなって。(お話ししたその方も言ってました)

 

さて、明日早いからな。今日はこの辺にします。

 

といっても、多分留学記事はこれが最後になるかもしれないです。

 

気が向いたら、留学の感想とか書きます。

 

では今日はこの辺で。Bye.