Yu's Tea Room

マイペースに日常の出来事を語るブログです。

University of Camridge 留学9日目

今日も一日が終わった...

 

30分くらい前かな。特別講義が終わった後、最終日に発表する課題ためにグループで話しを合いしておりました。

 

いやー、アカデミックな話で1時間半~2時間は費やしただろうな。

 

初めてのことですよ。普段はこんな話しませんからね(^^;)

 

なんかメンバーの中で「早く終わんねぇのかよ」と思わんばかりに、めっちゃ早く終わらせようと急かす人がいましたがね....

 

やっぱイラついた態度とられると、こっちも快くないですよね。気持ちは分かりますが。

 

そこは、穏やかに「実はどうしても外せない用事あるんで、先に失礼していいですか?」と言うべきかな。

 

それで怒る人はあまりいないでしょうし、LINEとかもありますしね。

 

あー、そうそう。今日も寝坊で朝食食べれませんでした。

 

昨日は、これからはちゃんと3食食べると決めたのに...

 

やっぱ睡眠前のスマホ or PCが良くないんでしょうね。

 

んで、今日の授業でしたが、特に突出して語ることはないですね。

 

午前の"Global Leadership Module"はプレゼンテーションのことについてでした。まぁ、何言ってるか全然分からなかったんですけどね。体感での理解度は20%~35%です。

 

というか、朝食抜いてたから、めっちゃ集中できなかった。あと、眠すぎる。序盤全然頭に入らなかった。

 

午後は苦手な"English Language Module"。確か、最初はメディアについて、色々やりましたね。そのあとテキスト読み進めたんですが...全く理解できなかった。リーディング能力も欠如している?あとで、じっくり読まないとな。

 

最後の一時間はディスカッション。これも難しかった。前回のテーマは、観光に関係する分野だったのですが、今回は、

 

メディアは、全ての女性に対して不必要なプレッシャー(圧力)をかけているか否か

 

でした。よくポスターや雑誌なんかに女性を取り扱った例がいっぱい溢れてますよね。

 

勿論、ディスカッションなので、肯定か否定かに分かれるんですが...

 

かくいう自分は最初、質問の意図(英文)が分からず、ノリに任せて否定派になりました。いや、否定の意見考える方が難しいよなー...と今思う。

 

僕は「メディアが女性の社会進出を助けている」という意見をとりあげました。

 

昔は男尊女卑だったが、今はなくなりつつある→それはメディアも同じ→むしろ、メディアは女性の活躍を映し、女性の社会進出に貢献している→よって、全ての女性に圧力はかけていない。

 

........????

 

なんか、自分でも意味不明なこと言ってるな(笑)

 

肯定派の人々はダイエットとかを例に意見を述べてたから、なんか僕の言っていることは、議論とずれてるのでは...と不安になりましたが。改めて、書き出してみると、色々突っ込みどころあるな(^^;)

 

まぁ、いいわ。

 

明日は、University of Oxford行きます!!!やっほー!!

 

University of Cambridgeのライバル校で、世界大学ランキングでは一位に選ばれています。

 

常に最先端を征く学問の都市を、この目で見て来ます。

 

では、今日はこの辺で。寝坊しないためにも(笑)

 

Bye.