Yu's Tea Room

マイペースに日常の出来事を語るブログです。読んだ書籍も紹介しています!

University of Cambridge 留学11日目

こんにちは。

 

疲れた。今日何したっけ。相変わらず眠い。

 

午前の"Global Leadership Module"は確か...

 

詩・俳句等の短文について学習したな。

 

講師は、前回シェイクスピアの授業をしてくれた方です。

 

限られた単語が書かれたカードが配られて、詩作りましょう!みたいな作業もやりました。

 

かろうじて、言ってることは55%~60%分かるんだよね。なんか、この方が喋る英語はゆっくりで、注意して聴けば大体何言ってるか分かる。

 

やっぱ、人によって喋るスピード違うんすね~

 

午後は苦手意識がついてしまった"English Language Module"。

 

くそぉおおおおおおおお。

 

やっぱ何言ってるかわかんねぇええ。

 

最初は、イギリスの教育制度についてお勉強。TAの方が懇切丁寧に説明してくれていたが、何言ってるのかさっぱりわからず。

 

TAも僕に"XX, do you understand?"って言ってきた。二回くらい。

 

心遣い本当にありがとう( ;∀;)

 

でも、わからなかったよ~( ;∀;)

 

ほんと辛い。

 

そのあとは、確か...とある記事を渡して、それを黙読し、別の人に紹介する作業をしました。

 

これもマジで駄目だった。というのも、まず記事の内容が難しい。

 

何となく悪いことが起きているのは、分かる...

 

でも具体的に何が今問題になっているのかが分からん!!

 

んで、最後は英語で2,3分間のスピーチ。まぁ凡人は凡人なりに頑張ったよ。

 

最初にスピーチ原稿を作成するんですが、ちょっと気付いたことがある。

 

「こういう言いたいけど、英語でどう表現するんだろう」

 

と思って、意味・文法を逐一ネットに頼っていると、逆に駄目!

 

実は、僕英語の辞書を忘れるという決定的なミスを犯しまして、ネットで調べているのですが...

 

逆に混乱するね。あと、時間がかかる。

 

正直考えたら作れる文章までネットで検索してしまい、タイムロスします。

 

次からこのことは留意しとかないとね。

 

まぁ今日はこの辺で。Bye.

University of Cambridge 留学10日目

もうプログラムも半分が終わりました。

 

いやー、なんか早いような、遅いような....

 

なんだかんだであっという間なんですかね。

 

因みにまだホームシックとかにはなってません。台湾へ旅行した時は、ホームシックになったけど。多分、環境の差が大きいと思います。

 

んで、昨日も言ってた通り、今日はUniversity of Oxford行ってきました。

 

ケンブリッジとオックスフォードの町を比べてみますと、

 

敷地に関しては、オックスフォードの方が広いかな、多分。

 

よくオックスフォードは「大学ののなかに町がある」と言われ、対してケンブリッジは「町のなかに大学がある」と言われいます。

 

限られた時間だったんですが、結構満喫できました。というより、University of Oxfordについて全然調べてなかったしな...個人的には、大学のシンボルであるラドクリフ・カメラ見れればいいかなって。

 

んで、実際に見たのが、クライスト・チャーチ(ひとつのカレッジ)、セント・メアリー教会、各カレッジ外観、オックスフォード周辺ですね。

 

クライスト・チャーチは中まで見学しました。University of Oxfordの数あるカレッジのなかで、最も大きいのだとか。

 

グレイトホール(食堂)はハリーポッターの撮影にも使われました。

 

見てみましたが、雰囲気Goodです。結構狭かったですけどね。

 

僕が毎日利用させてもらっているUniversity of Cambridgeのグレイトホールの方が大きかったです。

 

あと、一緒に回ったクラスメートがめっちゃお土産買わされてた...総額約£90(^^;)

 

やっぱ日本人はカモと思われてんのかな。

 

僕はオックスフォードと何の縁もありませんし、買わなかったですけど。

 

さて、明日からまた2日授業後に、フリーだ!

 

バースかエジンバラか...はて、どうするか。

 

では、今日はこの辺で。Bye.

University of Camridge 留学9日目

今日も一日が終わった...

 

30分くらい前かな。特別講義が終わった後、最終日に発表する課題ためにグループで話しを合いしておりました。

 

いやー、アカデミックな話で1時間半~2時間は費やしただろうな。

 

初めてのことですよ。普段はこんな話しませんからね(^^;)

 

なんかメンバーの中で「早く終わんねぇのかよ」と思わんばかりに、めっちゃ早く終わらせようと急かす人がいましたがね....

 

やっぱイラついた態度とられると、こっちも快くないですよね。気持ちは分かりますが。

 

そこは、穏やかに「実はどうしても外せない用事あるんで、先に失礼していいですか?」と言うべきかな。

 

それで怒る人はあまりいないでしょうし、LINEとかもありますしね。

 

あー、そうそう。今日も寝坊で朝食食べれませんでした。

 

昨日は、これからはちゃんと3食食べると決めたのに...

 

やっぱ睡眠前のスマホ or PCが良くないんでしょうね。

 

んで、今日の授業でしたが、特に突出して語ることはないですね。

 

午前の"Global Leadership Module"はプレゼンテーションのことについてでした。まぁ、何言ってるか全然分からなかったんですけどね。体感での理解度は20%~35%です。

 

というか、朝食抜いてたから、めっちゃ集中できなかった。あと、眠すぎる。序盤全然頭に入らなかった。

 

午後は苦手な"English Language Module"。確か、最初はメディアについて、色々やりましたね。そのあとテキスト読み進めたんですが...全く理解できなかった。リーディング能力も欠如している?あとで、じっくり読まないとな。

 

最後の一時間はディスカッション。これも難しかった。前回のテーマは、観光に関係する分野だったのですが、今回は、

 

メディアは、全ての女性に対して不必要なプレッシャー(圧力)をかけているか否か

 

でした。よくポスターや雑誌なんかに女性を取り扱った例がいっぱい溢れてますよね。

 

勿論、ディスカッションなので、肯定か否定かに分かれるんですが...

 

かくいう自分は最初、質問の意図(英文)が分からず、ノリに任せて否定派になりました。いや、否定の意見考える方が難しいよなー...と今思う。

 

僕は「メディアが女性の社会進出を助けている」という意見をとりあげました。

 

昔は男尊女卑だったが、今はなくなりつつある→それはメディアも同じ→むしろ、メディアは女性の活躍を映し、女性の社会進出に貢献している→よって、全ての女性に圧力はかけていない。

 

........????

 

なんか、自分でも意味不明なこと言ってるな(笑)

 

肯定派の人々はダイエットとかを例に意見を述べてたから、なんか僕の言っていることは、議論とずれてるのでは...と不安になりましたが。改めて、書き出してみると、色々突っ込みどころあるな(^^;)

 

まぁ、いいわ。

 

明日は、University of Oxford行きます!!!やっほー!!

 

University of Cambridgeのライバル校で、世界大学ランキングでは一位に選ばれています。

 

常に最先端を征く学問の都市を、この目で見て来ます。

 

では、今日はこの辺で。寝坊しないためにも(笑)

 

Bye.

 

 

 

 

 

 

University of Cambridge 留学8日目

なんか今日はいつもより寝ている時間が多かった気がする...

 

朝から結構眠かったですし、夕方も授業後に寝てしまい、夕食と特別講義すっぽかしてしまいました...

 

昨日の疲れが残っているのでしょうか。体力ないからな~、自分。

 

仕方ないので、夕食はSUBWAYで済ませました。

 

とにかく、明日からはこんなことないようにします。飯食べないと、プログラム費用が勿体ないし。

 

んで、今日失敗したこと。

 

一応今日もやらかしました。もう半ば日常化してる...

 

そのことについて話します。

 

午前は"Global Leadership Module"だったんですが、今日はウィリアムシェイクスピアをテーマに作業を行いました。

 

どうやら、イギリスでは小さい頃から、シェイクスピアの小説を読まされるらしいです。多分、国語とかかな。

 

んで、グループごとに、シェイクスピアの劇をやることになって。(ハムレットロミオとジュリエットetc...)

 

僕は初っ端言うだけだったんで、台本なしで言えたのですが、問題はそのあと。

 

えー、別の方が台詞喋っているときに、もう終わったのものだと思って、大きく拍手してしまいました。(実際はまだ終わっていない)

 

すぐ気づいて拍手やめましたが、めっちゃ恥ずかしかったです...あれさえなければ完璧の日だったのに。

 

もうその方も声が小さい+途切れ途切れに言ってて分かりづらかったっていう要因もあると思いますが。くそぉ...

 

明日は事なきを祈るばかりです。

 

まぁそれはさておき、今度の土日はどこ行こうかなー

 

昨日はあんなこと話してましたが、今日クラスメートと話してて、バースなんかも行きたくなりました。

 

あとエジンバラ。大学の友達のおススメです!両方とも世界遺産で、行く価値は大いにあると思ってます( ´∀` )

 

ただ、やっぱ時間がな~

 

今日はこの辺で。Bye.

University of Cambridge 留学8日目

ようやく待ちに待ったフリーの日。

 

実のところ、昨日までどこに行こうかずっと悩んでおりました(笑)

 

ストーンヘンジへアクセスを調べたところ、ケンブリッジからだと相当遠いんですよね。

 

んで、どうすっぺかなぁ...と悩んでおりましたが、

 

カンタベリーへ行って参りました!

 

理由としては、ストーンヘンジよりも移動手段が簡単且つ、移動時間が短いからです。

 

ケンブリッジからは、

  1. ケンブリッジ駅→キングスクロス
  2. セントパンクラス駅(キングスクロス駅に隣接)→カンタベリーウェスト駅

です。ん?

 

キングスクロスって...あのハリーポッターで有名の駅やん!

 

と思ってきてみると、意外と普通のハブ駅だった。なんか9と4分の3番線だっけ?あの壁に練りこむやつ。実際、写真撮影できるスポットがあって長蛇の列になってました。でも、確か撮影に金が必要だったはず。

 

今回の旅行で一番大変だったのが、ナショナル・レイル!つまり、イギリスの鉄道です。意味が分からん。

 

自分でも把握してないですけど、多分ムダ金出してると思います。

 

なんか、車掌さんにチケットのチェックする時、必ずひっかかった。その都度、優しく対応してくれたから良かったけど。

 

あと、話してるときに気付いたんですけど、車掌さん、なぜか自分のこと日本人だと分かってた。なぜだろうか...

 

今回の旅で、あんまりイギリスの鉄道使いたくなくなりました。

 

んで、本題のカンタベリーですけど。

 

本当に凄かった。

 

やっぱり世界遺産に登録されているだけあって、かなり荘厳な雰囲気を醸し出してます。

 

大聖堂の中に入ってみると、ん?なんか音が聞こえる...

 

実は、奥で聖歌隊の方が歌っていました。あまりに綺麗な歌声と建築がベストマッチしすぎて、思わず感動で泣きそうになりました。心が洗われる、邪気が取り除かれると(笑)

 

ずっと聞いていられるのですが、時間の都合上、そうもいかず、中を探索。迷路のような進路と構造になっておりまして、全部見て回るのに意外と時間がかかりました。

 

特に気に入ったのは、ステンドグラスと大回廊です。

 

人生でここまで、美しい建築を見たのは....初めて?とにかく、感動盛り沢山でした。

 

あと、史跡セント・アウグスティヌス修道院跡も見学しました。こちらも世界遺産のひとつ。なかなか興味深かったです。

 

夕食はケンブリッジ付近のステーキ屋さんで、がっつり食いました。美味しかったけど、脂が凄くて、すぐ腹いっぱいになっちまった。

 

明日からまた授業なわけですが、果たして良いのか悪いのか(笑)寮にいたほうが落ち着くのは、確かなんだけど、やっぱ授業がきつい....

 

外に出かけるのは、勿論、思い出になるし、新しい発見もあるのだけれど....なぜか不安になる。

 

まぁそれはさておき、来週はひとりでケンブリッジをじっくり探索orロンドン市内の世界遺産を巡る予定にしています。ストーンヘンジは行きたいけどな...やっぱ遠いんだよね(^^;)

 

じゃあこの辺で。Bye.

 

P.S.

今日熊に襲われる夢見ました。めっちゃ怖かった...昨日、部屋に蜘蛛が現れて、格闘したことが影響しているのだろうか...でも、なぜに熊...

 

University of Cambridge 留学7日目

今日はロンドン市内を観光いたしました。

 

正直歩きすぎて、足が痛くなった...

 

見たのは、ウェストミンスター(二度目)、大英博物館、ピカデリー周辺です。

 

大英博物館は迷路だった...正直事前に何見るか決めるor展示品について大雑把に調べておかないと、あんまり面白くないかも。

 

キャプションも全部英語でいちいち読んでられなかった。

 

ピカデリーは町並みが良かったです。家族へのお土産にお茶を購入しました。ここの「SYORYU」?だったかな、ラーメン屋で博多とんこつラーメンを堪能。現地で食う日本飯ってなかなかいいよね。

 

味も普通に美味しかったです。高かったけど。

 

明日はようやくフリーな日なんですが、まだどこに行こうか決めてないです。

 

ストーンヘンジ行きたかったんで、ルート調べたんですが、結構遠い...

 

多分、カンタベリーかロンドン市内また行くと思います。寝坊したらケンブリッジ周辺を探索。

 

とりあえず世界遺産を巡りたい。でもイギリスの世界遺産ってどこも遠いんだよね...無理のない範囲で行きます。

 

あと、旅行でイギリスへ行った友達から、ステーキとラムスープは頼んだ方が良いとアドバイス貰いましたので、食いに行きましょうかね。

 

明日に備えてもう寝ます。Bye.

University of Cambridge 留学6日目

現地時間では、今23時頃です。

 

さっきパブ行ってきました。初ブリティッシュパブです。

 

まぁ雰囲気は良かったです。好きな人とと好きなだけ話せるし、わいわいしたい人は下のホールでダンシングすればいいし。もし僕が英国人だったら、きっと好きになっていただろうな。

 

僕は酒が飲めない(ジュースみたいなやつは多少飲める)ので、アルコールフリーのやつを頼みました。頼んだのは、BECK’S」。

 

めっちゃまずかった(笑)

 

アルコール0.05%以下なんですが、味はビール。苦い...

 

全然飲まず、ウェイターさんに回収してもらいました。

 

明日はロンドン市内観光なので、早めに帰ってきました。えー、一緒に帰ったTA(University of Cambridgeの大学院生)さんはパブにそんな行かないらしいです。やっぱ、全ての英国人が好きなわけではないんですね。

 

その方は将来は先生になりたいのだとか。良いね。んで、どうやってUniversity of Cambridgeに入学したのか聞きました。どうやら、テストとふたつと面接があるらしいです。

 

パブに行く前は女性TAの方々、先生、一部のクラスメイトと一緒に「Cheat」というトランプゲームをしました。一応、盛り上がりました。

 

ここ数日で、なんか急に女性TAの方々と仲良くなった気がするが...なんかノリ良く接したのが功を奏したらしい。どうやら、英国人はノリのいい人が好きらしい。逆に、最初話してた男性TAと疎遠になりつつある...

 

本日の授業に関しては、特に憂鬱に出来事はなかったかな。相変わらず、何言ってるか理解するのは難しいけど。

 

強いて言うなら、今日も発表する機会があったのですが、「hierarchy」の発音を指摘されたことです。日本ではよく「ヒエラルキー」といいますが、実際は「ハイアルキー」らしいです。騙された。

 

まぁ「Thank you!!」と笑顔で返したら、笑いが生まれたので後味悪くならなかったですけどね。

 

今日はこの辺で。Bye.